湘南鵠沼海岸サーフィン情報

トップページ > お知らせ一覧 > 西浜、鵠沼海水浴場がブルーフラッグを取得しました

西浜、鵠沼海水浴場がブルーフラッグを取得しました

2021/04/28(WED)
「ブルーフラッグとは」片瀬西浜・鵠沼海水浴場が取得するにあたりずっとサポートして下さっている @shonanvision NPO法人湘南ビジョン研究所さんのブルーフラッグについての説明です分かりやすいのでぜひ読んで見て下さい!・・#Repost @shonanvision with @get_repost・・・国際環境認証「ブルーフラッグ」海辺の国際環境認証「Blue Flag」とは、デンマークに本部がある国際NGO FEE(国際環境教育基金)による世界で最も歴史ある国際認証制度です。4分野33項目の認証基準を満たしたビーチ・マリーナ等にフラッグを掲げることができます。アジア初のブルーフラッグ認証取得当研究所は、「湘南海岸からアジア初のブルーフラッグ取得をめざす」とNPOでは全国で初めて宣言し、湘南地域の9市町の首長にブルーフラッグ取得推進を提言。最終的には鎌倉市長がブルーフラッグの趣旨に賛同し、「由比ヶ浜海水浴場」でブルーフラッグ取得を目指すことを記者会見で公表しました。その後、由比が浜茶亭組合長をはじめ様々な関係者のご尽力により、ブルーフラッグ取得に向けた活動を進めていきました。2016年4月、コペンハーゲンで開かれたFEEの国際審査会に置いて、神奈川県鎌倉市「由比ヶ浜海水浴場」と福井県高浜町「若狭和田海水浴場」がアジア初のブルーフラッグに認証されました。さらに、2019年4月、千葉県山武市「本須賀海水浴場」と兵庫県神戸市「須磨海水浴場」が認証され、国内において4ヶ所のブルーフラッグビーチが誕生。日本でもブルーフラッグの認知度が向上し注目され始めました。2020年4月、江の島海水浴場協同組合は片瀬西浜・鵠沼海水浴場でのブルーフラッグ取得をめざすことを表明。NPO法人湘南ビジョン研究所は、ブルーフラッグ取得に向けて、江の島海水浴場協同組合と協力しています。

Copyright (C) 2000 KUGENUMA NET . All Rights Reserved.